振動監視って言葉みなさん聞いた事ありますか?
ほとんどの人に取って、耳馴染みのない言葉であると思いますが、この振動監視は実に様々な場所で活躍して私達の生活を支えてくれているのです。

振動監視とは言葉の通り、揺れを監視する事です、なぜ揺れを関しする必要があるのか?
実は私達の生活には様々な揺れを予防する事で成り立っていあるのです、揺れとは危険の信号であり、無駄な揺れや、大きな揺れが監視された時、その機械や装置には何かしらの問題が発生している可能性があるのです。

あらゆる機械はなるべく無駄なく、スムースに動く事を前提に設計されています、例えばエレベーターやエスカレーターなど、人を乗せるシステムや機械は特に安全の為に微弱な揺れを発見する為に、振動監視が行われているのです。
この振動監視を行う為に必要なのが、加振器です。

加振器は低周波シェーカーと、高周波シェーカーに分かれており、スピーカーのようなもの想像して頂ければわかりやすいと思います。
この加振器を使って振動監視を行う事によって、振動対策や無駄な振動減を取り除く事が出来るのです。

私達の日常を支える、加振器と振動監視、普段陽の目に当たる事のない彼等をみなさんに是非ご紹介したいと思います。

話題のサイト

Calendar
2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930